気になる生え際に!育毛剤を適切に用いるために必要なこと

気になる生え際に!育毛剤を適切に用いるために必要なこと

チャレンジしてみたい高い育毛剤

現在使用している育毛剤は、二千円程度の価格で購入しました。

 

既に2本使い切っており、3本目を使用している最中です。

 

しかし、使って良かったと思えるような効果は感じていません。

 

相変わらず髪の毛は細く、抜け毛に悩んでいる状況です。

 

3本目はもうすぐ使い切ってしまうので、次は別の育毛剤を購入したい気持ちがあります。

 

そこで、同じような価格の育毛剤ではなく、高い育毛剤にチャレンジしたいと思っています。

 

例えば、五千円から1万円という価格の育毛剤は、これまで使用していた育毛剤と比較すると高いです。

 

しかし、高い育毛剤は、価格に見合う効果に期待できる印象があります。

 

今気になっているのは、返金の保証がある育毛剤です。

 

例えば、30日間は全額返金保証が付いている育毛剤があります。

 

30日間では、育毛剤の効果が分からない場合はありますが、育毛剤を塗った時の感触やにおいを知るには十分な日数です。

 

塗った時の感触やにおいは、育毛剤を長く使用する上で重要な要素です。

 

当然ながら、好みの感触やにおいの育毛剤が良いので、返金保証が付いている育毛剤に狙いを定めています。

 

また、使用する上での疑問や悩みを相談可能なサポートセンターを利用できる育毛剤があり、魅力的に感じています。

肌の弱い人の育毛剤の選び方

 

育毛剤を使っていて頭皮が荒れたり、元々乾燥肌などの体質を持っている人は使用する商品の選別に気を配ります。

 

基本的にはあまり刺激を与えないために肌の成分に近い弱酸性の成分が入っている商品が良いです。

 

アレルギーの体質を持っているために薬剤を使用して湿疹が出来たり、アトピーが起こりやすい人は刺激を与えない育毛剤の特性を研究します。

 

近年は体に影響を与えない無添加の商品が多く出回っている傾向で、全く添加物が入っていない製品も多いです。

 

防腐剤や特有の匂いなどが入っていない製品は、薬剤に入っている匂いを気にしないで安心して頭皮に塗布できます。

 

乾燥肌の場合は、保湿する能力に関して優れている製品を選ぶ事が望ましいです。

 

一方で、肌が弱い人に関しては刺激の少ない無添加の育毛剤を購入して、刺激を感じないで毛を育てられます。

 

肌が弱い人の場合、あまり刺激の無い育毛剤を選んだとしても、効果の実感に関しては個人差がある事を鑑みて、購入する前に薬局などの店員に尋ねておいた方が良いです。

 

各人の体の性質に関しては個人差がある事を考えて、肌や脱毛の状態を把握して、頭髪の状況などを店員と相談してから合っている製品を購入する事で、肌荒れのリスクを伴わないで頭髪の育成に努められます。

フィナステリドは「育毛剤」なのか?

 

AGA(男性型脱毛症)の特効薬、ミノキシジルとフィナステリドのうち、頭皮の血管を拡張して栄養を与えるミノキシジルは育毛剤のひとつとされています。

 

では、フィナステリドは育毛剤に入れていいものなのでしょうか。

 

フィナステリドはもともと、前立腺肥大症の治療のため、男性ホルモン由来物質であるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑えるために開発されたものです。

 

DHT生成を抑制することがAGAに効果があるため、治療薬として転用された経緯があります。

 

DHTは体毛を増やしたり、筋肉質で男性的な体を作ったりする効果があるのですが、頭皮に働きかけて抜け毛を増やしてしまう困った働きもあるのです。

 

フィナステリドがDHTの生成を抑えることで抜け毛を減らし、AGAの進行を食い止めるのです。

 

つまり、フィナステリドには発毛効果自体はなく、育毛剤に分類できるものではありません。

 

しかし、AGAの進行を止めないままミノキシジルをはじめとする育毛剤を使用しても、毛髪が生える端から抜けていってしまい、投薬の意味がなくなってしまいます。

 

抜け毛を止めてこそ、育毛剤は力を発揮してくれるのです。

 

フィナステリドは「育毛剤ではないが、育毛剤の使用に当たっては欠かすことのできない薬剤」と考えていいのではないでしょうか。